2008年05月27日

健康である為に

IMG_3857.JPG
健康診断・わんドックを受けてきました病院
わんドックとは人間ドックの犬版のようなもので
身体検査・血液・尿・便・レントゲン・超音波の検査をしてくれます

わんドックを受診しようと思ったのは
4月の血液検査で採血量が足りず全ての検査ができなかったこと
その検査で基準値の倍以上も高い数値があり
5歳ということもあってドックを受診することになりました


この日は10:00に病院へ行き問診を受け
人や犬に対して大丈夫かどうかなども
先生の方から色々質問してくれたのでホッ
このまま16:00まで預かってもらい検査をするのですが
一番心配だった別れの時(大袈裟)もうやだ〜(悲しい顔)
パールは私たちの後姿を見て絶対に大声で泣き叫ぶはず
が 緊張がMAXだったのか先生に大人しく抱かれていましたひらめき

預けてしまえば泣こうが暴れようが先生にお任せするしかないので
近いのに行ったことがなかったトレッサでお昼を食べてお買い物をし
家に帰ってフローリングにワックスをかけて時間を潰しましたぴかぴか(新しい)



16:00に迎えに行くと まずは先生の説明を受けます
診断の結果は健康優良犬ですかわいい とは言えず(涙)

心雑音と軽度の心拡大
これはエコーで丁寧に調べた結果 無害性
肝臓の形が少々鈍いが今のところ問題は無し
気になるのが腎臓の構造に異常がありました
血液検査、尿検査から今のところ問題はないけど
普段から尿の色をチェックしていつもと違うようだったら
検査をするように言われました
血液検査、レントゲン、エコーの結果を合わせた上で
丁寧に説明して下さったので全て理解できました
原因を聞いてみたけど遺伝が多いそうです
このまま悪くならず生涯を過ごせればいいけど・・・

いくつか心配なことがあるけど今すぐ治療や再検査の必要はないので
今までどおり生活をして問題無し手(チョキ) ヨカッタ黒ハート

ちょっと面白かったのが
IMG_3863.JPG
腹部X線で胃にガスが多く貯まっていたらしく
呼吸数を見ると正常14−30なのにパールは60
(緊張)という先生のコメント付き(笑)
先生もハアハアすごかったからですねっと笑ってました

IMG_3862.JPG
便検査で植物の種発見
モンジーズのオーガニック・ドッグフードミックスを食べているので
それだな・・・と(笑)

IMG_3867.JPG
最後のページには先生からのコメントが手書きで書いありました


IMG_3855.JPG
先生のお話が終わり いよいよパールとの再会ぴかぴか(新しい)
大人しく抱っこされてきたパールは
私たちを見ると声もださず手足をジタバタ×100
kazに抱っこしてもらったら早く帰ろうとヒンヒンフンフンあせあせ(飛び散る汗)

がんばりましたよ おとなしかったですよ っと先生
イヤ そんなことある訳が無い 絶対に迷惑かけたはず
それでも笑顔で褒めてくれた先生に感謝感謝ぴかぴか(新しい)

先生の指に絆創膏がなかったからヨカッタひらめき
posted by mico at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パールの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。