2009年02月25日

逆くしゃみ

パールの逆くしゃみのほとんどが暑い日になるのだけど
今日 今までで一番激しい発作がでてしまいました

今日は雨上がりの曇りで太陽の暖かさなど全く無い1日
ストーブとホットカーペットをつけ昨夜パールにはフリースの洋服を着せました

お散歩では元気良く楽しそうでした
お腹とお尻がドロンコになったので
洗面台で足とお腹とお尻をお湯で洗いドライヤーで乾かしました

19:00頃
パールの夕飯の支度を始めるとガーと吸い込む大きな鼻の音
その後 フガーフガーを繰り返す 逆くしゃみ

いつも鼻を真上に向けるとすぐに止まるのに
何をやっても ものすごい音をだしながら苦しそう

一瞬 嫌な考えが過ぎったほど

思わず大声で「パール!」って叫んでしまったのだけど
余計に興奮させてしまうので落ち着いて「大丈夫だよ」っと声を掛けた

背中に刺激を与えると治るかと思いトントン叩いたら
嫌がってフガフガしながらハウスにはいってしまった
ハウスでも発作がとまらないので
「パール抱っこだよ おいで」と言って両手を広げたら
フガフガしながら出てきて抱っこした

恐い時や苦しい時に抱っこしてくるパール
よっぽど苦しいに違いない

背中を撫でて落ち着かせ 時々鼻を真上に向けてみると
やっと普通に呼吸をしはじめた

今回の逆くしゃみは かなり焦りました


先週一時暖かくなったので
寒さに体がついてこなかったのかもしれないね

今は落ち着いているけど
今週来週と まだまだ寒いみたいなので気をつけなければ

がんばれパールexclamation×2

posted by mico at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | フガフガ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

歯が抜けた

7月に前歯がぐらぐらしていたパールですが
夕方わたしが家に帰ってきたら
グラグラの前歯がありませんでした

IMG_6375a.JPG

抜けた歯を探すのは大変でした
何せ 小さいからねぇ

みつかった歯は根っこからキレイに抜けていたのでホッ

念の為 病院に電話したら
出血や歯肉炎をおこしていないなら
そのまま様子を見てください
 とのことでした

部屋に流血の後もなく歯茎も腫れていないので
抜けてしまったことは残念だけど
病院で恐い思いしなくて良かったのだと思います



しっかし…
歯がないパールの顔を最初に見たとき不覚にも笑ってしまった
ひどい飼い主ですあせあせ(飛び散る汗)
posted by mico at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パールの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

抜歯

081111.JPG
  歯を抜きました・・・ドヨ〜ンバッド(下向き矢印)

7月に前歯がグラグラになってしまったパール
その歯は相変わらずグラグラなのですが
別の左横の小さな歯がグラグラでぶら下がっている状態
歯茎が腫れたり出血していないので
いずれ抜けてしまうだろうと様子を見ていましたが
この1週間で日に日に抜けそうになってきて
毎日歯磨きをする時に痛々しいので病院で診ていただきました

5月にわんドッグを受けた病院は車じゃないと行けないし
パールと二人でドライブするにはちょっと恐い
病院に駐車場がないので探さなきゃならないので大変なのです
kazは相変わらず忙しいので今後の事も考えて
私一人で連れて行ける病院を探しました病院

歯について・・・
コチラの先生はなるべく残した方が良いという考えだそうです
前の病院では抜いちゃった方が良いと言われたので
覚悟していたんだけど前歯はそのまま残し
左横のぶら下がっている状態の歯は麻酔薬を歯茎に塗って
ピンセットでエイ!って抜いてくれました
止血して消毒と薬を塗っておしまい
抜く前に奥様先生の手をガブリをやってしまったけどがく〜(落胆した顔)
「慣れているから大丈夫よわーい(嬉しい顔)」って笑って許してくれました・・・スミマセンもうやだ〜(悲しい顔)

心拡大について・・・
わんドッグの検査結果の数字を診てもらいました
聴診器で心音を確認する限り今のところ心配いらないけど
心臓に問題のあるコは心電図の検査をした方が良いそうです
寒い日は部屋と外の温度差が大きいので
お散歩に出ないようと言われました

ウチの親なんか犬に洋服なんて・・・って言うんだけど
パールみたいに心臓に疾患のあるコには
この時期 洋服は必要なんだよね って今度親に言ってやろ(笑)


ここの病院にもわんドック検診があり心電図検査も含まれているので
来春のわんドッグはコチラでお世話になろうかと思いました

歯の事にしろ心臓の事にしろ先生によって考え方が様々なので
セカンドオピニオン いろんな意見を聞くことも必要だね

posted by mico at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

歯がぐらぐら

0807119a.JPG

関東地方もやっと梅雨が明け夏本番リゾート

三連休初日の今日晴れ
先週に引き続きパールの病院へ行ってきました病院

木曜日の夜 パールの歯磨きをしていた時に
前歯1本が前後左右上下にグラグラしていることに気が付き
触るとポロッと抜けてしまいそうな程だったし
歯石除去の話を聞きたかったので病院で相談することにしました


0807119b.JPG

先生は絵を書いて細かく説明してくれて
結局 前歯は歯肉の中が短いので簡単に抜けてしまうので
これだけグラグラしていれば近いうちに自然に抜けてしまうそうです

大人しいワンコなら押さえてエイヤー!って抜いちゃうらしいがく〜(落胆した顔)
パールは触られるのもイヤがるのでこの場では抜かず
飼い主である私たちが気をつけていることになりました


他の病院で1年以内に歯石除去手術をした方が良いと言われたこともあって
この機会にやっちゃおう…と先生の話を聞くまでは思っていました


動物の歯石除去は全身麻酔なので心配なのはパールの心拡大
ここの病院ではパールのようなコには
生死を彷徨うよっぽどのことが無ければ手術は薦めず
どうしてもという事であれば細心の注意を払い出来るだけ短い麻酔でおこなうそうです
今のパールの歯の状態を見ると前歯は白く綺麗だし
奥歯は歯石が着いているけど手術をするほどでは無いそうです

ホッとしました…ひらめき
最初からリスクを伴う全身麻酔の手術はしたくないからね



パールの肉球には今でも異物が入っています
もしその肉球(異物)に何かあったら手術は止むを得ない

爆弾を抱えているのと同じだね爆弾

0807119c.JPG

もしも・・・のことをモヤモヤ考えても仕方ないので
パールとの毎日を楽しく陽気にご機嫌に(笑)過ごしたいなかわいい


今日から歯磨きを頑張って今より歯石が増えないように気をつけます
ボールの質を柔らかい物に変えた方が良いと言われたので
新品のボールを使うときはお友達にカミカミ柔らかくしてもらおう
固いオヤツもダメなので在庫はお友達に食べてもらおう
お友達のみなさん お願いしますねハートたち(複数ハート)


それから…
この時期 心拡大のパールはとても辛いので
必要以上に興奮させないことと室内ではクーラーをつけて温度調節
お散歩は陽が暮れてからにしてくださいと先生に念を押されました
posted by mico at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

ちっくん&お薬

080712.jpg

混合ワクチン接種とお薬をもらいに5月にわんドックを受けた病院に行ってきました病院

病院へは車で20分程 今年になって車で病院に行く事が多かったので
パールの頭の中では車=病院 たった20分のドライブでもドキドキバクバクあせあせ(飛び散る汗)
あまり興奮させたくないのにナ

診察券をボックスに入れると看護士さんが待合室まで来てくれて
パールの様子と今日はどうするのか詳しく聞いてくれます
ワクチンとフィラリア&ノミダニの薬をお願いすると
昨年のワンクチンの種類と今までのお薬の種類を確認してくれました

080712a.jpg

診察室は2箇所で男女の先生がいるので女の先生がいいな…と思いながら待っていると
運良くわんドックをしてくれた先生でしたかわいい

体重と熱を測って目と歯をチェックと触診目
パールは心拡大があるので聴診器で丁寧に心臓の音を聞いて
「大きくなっていませんね」と先生 ホッ黒ハート
でも小さくなった訳ではないので気を付けなくちゃ

080712b.jpg

フィラリアの薬は骨型に変わりました オヤツみたいだね

080712c.jpg

2・3日はシャンプーと激しい運動は避けるようにと…
家に帰るとダルそうなパール 体の中で戦っているんだよね

病院は少し遠くなってパーキングが無いのでちょっと不便だけど
kazが一緒に行ってくれれば問題ない手(チョキ)

080712d.jpg

次回は来年春 わんドックとフィラリア検査と狂犬病予防接種
それまで元気で過ごせますように…ぴかぴか(新しい)
posted by mico at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

健康である為に

IMG_3857.JPG
健康診断・わんドックを受けてきました病院
わんドックとは人間ドックの犬版のようなもので
身体検査・血液・尿・便・レントゲン・超音波の検査をしてくれます

わんドックを受診しようと思ったのは
4月の血液検査で採血量が足りず全ての検査ができなかったこと
その検査で基準値の倍以上も高い数値があり
5歳ということもあってドックを受診することになりました


この日は10:00に病院へ行き問診を受け
人や犬に対して大丈夫かどうかなども
先生の方から色々質問してくれたのでホッ
このまま16:00まで預かってもらい検査をするのですが
一番心配だった別れの時(大袈裟)もうやだ〜(悲しい顔)
パールは私たちの後姿を見て絶対に大声で泣き叫ぶはず
が 緊張がMAXだったのか先生に大人しく抱かれていましたひらめき

預けてしまえば泣こうが暴れようが先生にお任せするしかないので
近いのに行ったことがなかったトレッサでお昼を食べてお買い物をし
家に帰ってフローリングにワックスをかけて時間を潰しましたぴかぴか(新しい)



16:00に迎えに行くと まずは先生の説明を受けます
診断の結果は健康優良犬ですかわいい とは言えず(涙)

心雑音と軽度の心拡大
これはエコーで丁寧に調べた結果 無害性
肝臓の形が少々鈍いが今のところ問題は無し
気になるのが腎臓の構造に異常がありました
血液検査、尿検査から今のところ問題はないけど
普段から尿の色をチェックしていつもと違うようだったら
検査をするように言われました
血液検査、レントゲン、エコーの結果を合わせた上で
丁寧に説明して下さったので全て理解できました
原因を聞いてみたけど遺伝が多いそうです
このまま悪くならず生涯を過ごせればいいけど・・・

いくつか心配なことがあるけど今すぐ治療や再検査の必要はないので
今までどおり生活をして問題無し手(チョキ) ヨカッタ黒ハート

ちょっと面白かったのが
IMG_3863.JPG
腹部X線で胃にガスが多く貯まっていたらしく
呼吸数を見ると正常14−30なのにパールは60
(緊張)という先生のコメント付き(笑)
先生もハアハアすごかったからですねっと笑ってました

IMG_3862.JPG
便検査で植物の種発見
モンジーズのオーガニック・ドッグフードミックスを食べているので
それだな・・・と(笑)

IMG_3867.JPG
最後のページには先生からのコメントが手書きで書いありました


IMG_3855.JPG
先生のお話が終わり いよいよパールとの再会ぴかぴか(新しい)
大人しく抱っこされてきたパールは
私たちを見ると声もださず手足をジタバタ×100
kazに抱っこしてもらったら早く帰ろうとヒンヒンフンフンあせあせ(飛び散る汗)

がんばりましたよ おとなしかったですよ っと先生
イヤ そんなことある訳が無い 絶対に迷惑かけたはず
それでも笑顔で褒めてくれた先生に感謝感謝ぴかぴか(新しい)

先生の指に絆創膏がなかったからヨカッタひらめき
posted by mico at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パールの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

狂犬病予防接種・フィラリ&ノミの薬

今年もこの季節がやってきました
狂犬病予防接種とフィラリ検査と血液検査のため
動物病院に行ってきました

待合室でのパールは今まで見たことないくらい
ブルブル震えて尻尾が下がったまま
3月に怪我をして病院に行く事が続いていたので
今まで以上に怖くなってしまったようです



体重→4.3kg 昨年より増えてる(汗)
いよいよ採血をするのでしっかり押さえてもらい
少し暴れたけど注射針を射す瞬間はジッとしていたのに
突然 今まで聞いた事の無いような声で泣き叫び 止まりません
ビックリして先生の手元を見ると
針はパールの腕に刺さったままなのに1滴も血液が入ってこない
注射器をグリグリ動かしたり引いて吸おうとしているような・・・

マジで? こりゃ痛いだろう

私は血管が細く採血する時に失敗される事が良くあります
過去に左腕5箇所、右腕5箇所を失敗して左手の甲もダメ
右手の甲もダメだったら足の甲でって言われたところに
通りがかったドクターが見かねて最初にやった左腕で採血
そんなこともあって どうなると痛いか良くわかる

犬は痛みに強いって言うけど
これは痛いだろうしグリグリ動いて怖いはず
パールの目からは涙が流れて…
私まで泣きそうになってしまいました

注射器には1cmほどの血液しかとれず
もう一度 後足から採血することになりました

ゴムバンドを後足につけて・・・・・・ハッひらめき
腕でとる時にゴムバンドしてなかった 忘れたの?

右後ろ足は3月に怪我をしてから いろんな先生に触られ
夜間病院で傷口を穿られているのでパールの恐怖がMAXに
パールの気を逸らそうといろいろ話しかけたりしたのだけど
まだ終わらないのかと先生の手元を見ると指先が血だらけに
今度もまた1cmくらいしか採血できず

結局 フィラリアと内臓の検査は出来るけど
赤血球と白血球の検査をするには足りず
それでも検査をするなら もう一回採血しないとダメだと
こんなに大騒ぎしたのに足りないなんてむかっ(怒り)

大人しく出来ないコだからしかたないと思うけど
「昨年も大丈夫だから心配ないでしょう」って先生
その言葉 かなり疑問なんだけどパンチ

パールの名誉の為に付け加えると
最初に腕に射した瞬間は我慢できてました
今年も暴れず騒がずできると思ったから〜

足が細くて血管も細いから難しいんですかね?
パールは暴れちゃうからやりにくいですよねっと言ってみたけど
「そうですね」だって もっと足が細いワンコなんているし・・・

夜になって いつも「そうかぁ」しか言わないkazに話したら
珍しく激怒して「昨年も大丈夫だったから〜」っていう言葉に
不信感を持ったらしい

たしかにパールは手のかかる犬だけど
一昨年と昨年は採血できたのに・・・
posted by mico at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

目がカユカユ

080327h.JPG
この↑パールちゃん
向かって左の目に涙がいっぱい

一昨日の夜
パールの目の縁がプックリ腫れてしまいました
(たぶん)2週間ほど前から涙が多くて痒がっていて
日に日に掻き方が激しくなり傷をつけてしまったようです
肉球の怪我に気をとられて気づかなかったダメ飼い主です(涙)

続きを読む
posted by mico at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

怪我・・・その後

080322a.JPG
肉球を怪我してしまいレントゲンに異物が写っていたけど
どこにあるのかわからないまま一週間

パールの様子は元気で痛がる様子は全くない
いつものように激しくボール遊びも出来る状態です


19日午後
小雨の中 河原でボールで遊んだので足がドロンコ
怪我の肉球を念入りに洗っていると
傷口から少し離れたところに固い物が…
パールを仰向けに寝せて慎重に見ると
レントゲンの異物と同じ場所に小さな傷口と固い感触
異物発見ですひらめき

結果から言うと肉球に入っている異物は
傷口が塞がってしまっていてパールが痛がらないので
肉球に刺さったまま犬生を送る事になりました
今後パールが痛がったり化膿などしたら
摘出手術をすることになります

続きを読む
posted by mico at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

初めての怪我

080313a.JPG

11日(火)夜
お散歩から帰ってきたパールの足と
kazのGパンに血が付いていました

急いで足を洗って傷口を探すと
右後足の肉球が切れて出血していました
刺さっているものは無いか確認したけど見当たらず
パールをもう一度歩かせてみると
一回だけ足をあげ引きずりました

明日は病院が休みなので横浜夜間動物病院へ電話をして
診察していただくことにしました

ひらめき横浜夜間動物病院
無動物診療時間帯をなくすために
市内有志の獣医師さんによって設立された病院
診察時間は21:30〜05:00(年中無休)

続きを読む
posted by mico at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。